医者

失明の恐れもある病気

視神経が障害を受ける

目

緑内障は目の眼圧が異常に高くなる病気です。この圧力により視神経が圧迫を受け視野が狭くなったり、視力が低下したりします。障害を受けた視神経は回復するのが困難になり、進行していくと失明の危険性が大いにある病気です。緑内障は自覚症状がないままじわじわ進行するタイプと、急激にその症状があらわれてくるタイプがあります。ですがほとんどの場合症状を感じないまま進行するタイプのほうが多くなっています。緑内障のほとんどは無症状なので、明かりを見ると虹がかかったようになるとか、目が重い、目が疲れやすいなどの症状が出ればすぐに眼科医の診療を受けることが大切です。視野の異常や視力の低下など気づいたときには緑内障の末期になっていることもよくある病気です。

眼圧の検査だけでは

緑内障は眼圧がその人の正常な眼圧を上回った時に発症してきます。人の眼圧はそれぞれ自分に合った眼圧を有していて人にとっては適正な眼圧だったとしても、自分にとっては異常な眼圧だったということもよくあります。視神経が圧力に弱い人もいますし、視神経に栄養を運んでいる血管の障害で起こってくる人もいます。このような緑内障は眼圧検査などの値だけで発見するのは大変に難しく、そのほとんどは眼科の検診やほかの目の病気で受診したときに多く見つかっています。日本人は欧米の人より眼圧は低くなっています。また40歳を超えるとだんだんと眼圧は低くなってきます。眼圧が低くても発症するタイプの緑内障は、眼圧が低い値を示していたとしても発祥します。