医者

視界の濁りと欠損

原因や症状の違い

医者と看護師

白内障と緑内障は、どちらも目の病気として知られていますが、原因はそれぞれ全く異なっています。白内障は、目の中に存在している水晶体が濁ってくることが原因となっています。レンズが濁るようなものですから、それにより視界全体が白っぽくなり、物を見ることが困難になってきます。また、光をまぶしく感じやすくなることも、白内障の症状のひとつです。一方緑内障は、目の中からの房水の排出がうまくいかず、房水がたまって視神経が圧迫されることが原因となって起こります。視神経が圧迫されると、それにより視界の一部が欠け、その部分には物が映らなくなります。このように白内障と緑内障は、原因も出てくる症状も異なっているのです。当然、適した治療方法や日常生活での注意点も異なっているため、まずは眼科で正しい診断をしてもらうことが大事です。

視界を保つために

白内障の場合は、進行していくことで視界がどんどん白くなり、やがては物をほとんど見ることができなくなります。緑内障の場合は、視界の欠損部分が増えていき、それにより目に映る物が少なくなっていきます。どちらの場合も最終的には失明することになるので、早めの対処が必要とされています。早期発見ができれば、完治は困難ですが、進行を食い止めて視界を保つことが可能になるのです。早期発見には、眼科での診察はもちろんですが、インターネット上の専門サイトを利用することも有効です。白内障や緑内障になっているかどうか、簡単にチェックする方法が紹介されているのです。チェックしても問題がなかったとしても、今後発症する可能性がないわけではないので、日常生活において目を労わる努力をすることも大事です。