医者

視界に糸くずが見えたら

女医

飛蚊症には眼科を受診する必要がないものと、それ以外の受診する必要がある場合があることです。生理的飛蚊症と呼ばれるものは、紫外線を浴びることで活性酸素を生じた結果が症状を発症させるので浴びないようにすることです。

詳細を確認する...

失明の恐れがある目の病気

視神経の障害が原因

家族

最近、新聞や雑誌の文字が読みづらい、視野が狭くなった等の症状を感じたことはありますか、年だからと仕方ないと考えている方も多いのではないでしょうか。この症状は加齢によって視力が低下しているとも考えられますが、緑内障という病気のサインかもしれません。緑内障は40歳以上の20人に1人が発症している目の病気で誰もが発症する可能性があります。治療が遅れると視力が低下したり、失明する可能性がありますので、目に異常を感じたら早急に治療することが重要です。私達の緑内障は目の視神経に障害が起きたために発症する病気です。40歳を過ぎると発症するリスクが高くなりますから定期的に目の検査を行うことで病気の進行を防止することができます。

症状と治療方法

緑内障の症状として視野が狭くなる、視野の一部が欠けて見える、新聞などの小さな文字が読みにくいといったものがあります。片方の目に緑内障の症状が起こっていても、もう一方の目で見えない部分を補うことがあります。この場合は症状に気付かずに病気が進行してしまいます。片方の目だけで見た時に視野が狭かったり、欠けて見えたりした場合は早急に眼科を受診しましょう。緑内障はゆっくりと進行する病気ですが、急性の緑内障を発症する場合があります。急性の場合には強い目の痛み、頭痛、吐き気等が現れます。このような場合は急いで病院を受診しましょう。治療は点眼薬が処方されますが、症状が重い場合は、視神経の障害を取り除くためのレーザー治療や目の手術が行われます。目に異常を感じたら眼科で診察を受けることが大切です。

失明の恐れもある病気

目

緑内障は眼圧が高くなって発症する病気ですが、この眼圧は個人差があり人には低いと思われていても自分には高いということがありますので、一概に眼圧の値だけでは病気が発症しているか否かの判断はできません。定期的な眼科の検診が大切です。

詳細を確認する...

視界の濁りと欠損

医者と看護師

白内障は水晶体の濁りが、緑内障は房水で視神経が圧迫されることが、それぞれ原因となっています。治療方法や注意点も異なるため、まずは眼科で正しく診断してもらう必要があります。いずれの場合も進行により失明する可能性があるので、眼科の受診やインターネットでの簡易チェックで早期発見をすることが大事です。

詳細を確認する...